龍光山・瑞雲寺は愛知県春日井市の臨済宗妙心寺派寺院で歴代住職中に荊洲,瑶洲などの高僧を出し,中興以来の寺宝中には中国,本邦の著名画家の名品を多く伝えています。縄衣文珠画像と呂洞賓の図があり県指定文化財であり、他にも数多くの文化財が存在しており「なかよし地蔵」といった一風変わった地蔵もあり、お参りに来られた方々に親しまれています。
菩提樹
この辺りの地名「神領」の名のとおり古来、熱田神宮に仕える祠人が住んでおりましたが、弘法大師の頃、仏法盛行となり祠人の一人が剃髪(髪の毛を剃る・・・仏門に入ること)し僧となったのが寺のはじまりで、西暦760年頃と伝わっています。
瑞雲寺本堂全景

その後、永享十年(1438)僧・雲叔和尚を迎え、本尊に薬師如来を安置し臨済宗妙心寺派の禅寺となりました。
江戸時代では城北四カ寺の一つとなり、御目見格の寺格を与えられておりました。当時の寺伝に「当山七代の荊州和尚は杉中坊と号し、敬公(徳川義直公1600〜1650年・尾張徳川家の藩祖)の時の人なり。ある時、敬公の行列を馬にて過ぎ行きたり。公、人を遣わして見せしめたもうに、杉中坊也と判ると、彼ならは許し置くべしとのたまいしとぞ。」(江戸時代、徳川義直の頃、瑞雲寺七代目の荊州和尚は杉中坊と呼ばれていました。
瑞雲寺本堂前
ある時、義直公の行列を馬で通り過ぎる者があり、家来がその馬を止め「無礼者!馬から下りよ」と引きずり下ろそうとした時、離れて見ていた義直公が馬上の人は荊州和尚だと気づき「杉中坊ならばしかたあるまい。すきにさせよ」と云った)と書かれており公の帰依の深さがうかがえます。織田信秀より寺領四百三十石を寄進され、のちに犬山城主、池田信輝公の菩提寺となりましたが、天正十二年(1584)四月、小牧長久手の合戦の兵火により焼失、その後、寛永二年大祐休軌禅師が復興させましたが、享保十二年(1727)再び火災により焼失、同十三年、再建。平成14年、本堂庫裡を再建し現在に至っております。
■文化財・・・涅槃図・延享五年(1748)雄山斎筆大般若波羅蜜多経六百巻・寛文十年(1670)中野貞心始開経版 太宗文皇帝製十六善神軸・延享五年(1748)雄山斎筆薬師如来 木像座像八寸定朝作 脇仏日光・月光菩薩達磨大師 木像立像一尺一寸 印度伝来十三仏木像 室町時代初期
■県指定文化財・・・絹本着色 呂洞賓の図 大幅 宋銭殻画紙本墨画 縄衣文殊画像 希顔禅師の自画賛
瑞雲寺境内
 

 
愛知県春日井市神領町1-11-4
電話:0568-81-2310  FAX : 0568-84-9480
Email :zuiunji@mac.com

  

 今月の坐禅会予定

坐禅会
 
 
現在、毎月満席の為、当坐禅会に参加経験のある方のみ受付けています。
新規の参加申込は受付けていません。
令和元年12月の坐禅会は第4日曜日(22日)です。

来月の開催日は来月初旬に、このページでお知らせします。メールや電話での問い合わせには返答できません。

 

落語法話会のご案内 

寺ヨガ教室
 

今年の瑞雲寺薬師祭は僧侶であり落語家の桂米裕師匠をお招きし法話(仏様の教え)と落語のコラボレーション「落語法話会」を12月15日(日)午後5時から開催します。桂米裕師匠が仏様の御教えをオモシロ可笑しく説きます。どなたでも参加できます。お誘い合わせてご参加ください。

 

干支切り絵・瑞祥飾紙作り

ペーパーワークショップ
 
干支切り絵「瑞祥飾紙」は古来より正月のしめ飾りのひとつとして用いられ玄関や床の間、仏間などに一年中お飾りします。古来より家運を隆昌させ、魔を除き福を招く〆飾りとして慶ばれています。
この干支切り紙「瑞祥飾紙」を作るワークショップを開催します。
どなたでも制作することが出来ますので、気軽にご参加下さい。 
をご覧下さい。

 

 

東海さんぽ旅2

東海さんぽ旅2

「東海さんぽ旅2」(ぴあMOOK)の「極上の癒しスポットへ」で瑞雲寺の坐禅会、My経本づくり、土ほとけ展などが紹介されました。「東海さんぽ旅2」はAmazonで購入出来ます。また、デジタル版(400円)も販売中!iPadやiPhoneなどタブレット端末やスマホでも購入いただけます。
 
デジタル版 東海さんぽ旅2 電子雑誌書店マガストア
Amazon 東海さんぽ旅2(ぴあMOOK中部)

 

 うたかたりin瑞雲寺

〜フォークソングと法話の夕べ〜
瑞雲寺薬師祭「うたかたり〜フォークソングと法話の夕べ〜」おかげさまで盛大裡に圓成することができ、秋の夜長にとても良い時間を皆さんと共有することができました。
11月も後半、間も無く慌ただしい歳末を迎えますが、お身体大切に。少し早いですが、どうぞ良い年をお迎えください。
うたかたりin瑞雲寺 スタッフ一同 合掌
 
 
 

紙の彫刻・韋駄天作り

ペーパーワークショップ
ワークショップ紙の彫刻「韋駄天」作りは終了しました。

紙で韋駄天(いだてん)さまを作るワークショップです。韋駄天さまは仏法の守護神で禅寺では厨房や僧坊を守る守護神として祀られています。
この韋駄天さまを作るワークショップを令和元年5月4日(土・祝)の午後1時30分より開催します。
 参加申し込み方法など詳細はコチラをご覧下さい。


坐禅会

私たちと一緒に坐りませんか?

坐禅は身体の健康とともに心の健康をもたらすものとして昨今、世界中で注目されています。
べつに堅苦しいものでも辛いものでもありません。
足を組むことが無理なら初めは慣れるまでイスに坐っても構わないのです。
 

大事なのは心静かに身を正し呼吸を調え、それを続けること。

しかし、なかなか一人では続けられないものです。
 

ですから私たちと一緒に坐りませんか?

瑞雲寺では毎月第四日曜日の早朝、坐禅会を行っています。
 
 

坐禅会開催予定日

 

  • 日時:毎月第四日曜日
  • 時間:4月~9月・・午前5時30分から約1時間
            10月~3月・・午前6時から約1時間

             (25分間の坐禅を2回行います。)
  • 場所:瑞雲寺 本堂
  • 定員:10名(18歳以上)
  • 会費:無料です。

*毎月の坐禅会開催予定日は諸行事の都合により変更する場合があります。必ず「お知らせ」の「今月の坐禅会予定」で確認して下さい。また、来月以降の開催日についての問合せには返答できませんので、ご承知下さい。
 
 

参加申し込み方法

 

  • 坐禅会申し込みはeメールの件名に「坐禅会申し込み」と記入し本文に「お名前、郵便番号、住所、電話番号」を必ず明記の上、参加日3日前までに下記のアドレスに申し込み下さい。

 
 
 

ご注意下さい。

 

  • 3日前であっても定員(10名)を超えた場合は受付を終了いたします。
  • 必ず当ホームページの「お知らせ」で開催日を確認し参加者本人が申し込みをしてください。本人以外からの申し込みは受付けません。
  • 1件の申し込みメールにつき1名ずつ申し込み下さい。
  • 当方で申し込みを確認しましたら、確認完了のメールを送信いたします。このメールには簡単な注意事項がありますので当方からの返信メールを必ず確認してからご参加下さい。
  • 当会は初心者を対象としております。
  • 動きやすい服装(トレーニングウエアなど)でご参加ください。初回の場合ご持参して頂く物は特にありません。

 
 

申込先eメールアドレス

申込先eメールアドレス:zuiunji@mac.com


 
 
 
 

仏教の守護神「韋駄天(いだてん)さま」を紙で作るワークショップです。

韋駄天さまは仏法の守護神で、仏舎利を盗んだ魔を追いかけ取り返した説話から足の速い神とされ「韋駄天走り」の語源となった神様です。とくに禅寺では厨房や僧坊を守る守護神として祀られています。
どなたでも簡単に作ることができるワークショップです。ご家族、お友達、サークルの仲間などお誘い合わせてご参加下さい。もちろん御1人でもOKです。
 
 

スケジュール

今回のワークショップは左の写真の韋駄天さまを制作します。(見本のため変更する場合があります)
2時間半程の工程です。
  

♬講師

瑞雲寺住職 正眼短期大学非常勤講師
青井有信
 

♬参加方法

◇開催日、参加費等

  • 第1回開催日:平成31年3月31日(日)午後1時30分から2時間半程(終了)
  • 第2回開催日:令和元年5月4日(土・祝)午後1時30分から2時間半程
  • それぞれ一日で完成させます。
  • 場所:瑞雲寺(本堂、又は書院)
  • 定員:7名
  • 参加費:2,000円(材料費を含む)を参加日当日にお納めください。

 

◇参加申し込み方法

  • ワークショップは予約制です。参加ご希望の方はeメールの件名「いだてん作りワークショップ参加申し込み」と記入し本分に「お名前、郵便番号 住所、電話番号、参加人数、参加希望日」を明記の上、参加日5日前までに下記のアドレスに申し込み下さい。

 

◇お持ち頂くもの

  • デザインナイフ(コチラで用意したデザインナイフを使用して頂くこともできます)
  • 鉛筆、消しゴム

 

◇ご注意下さい。

  • 5日前であっても定員を超えた場合は受付を終了いたします。
  • 当方で申し込みを確認しましたら、確認完了のメールを送信いたします。このメールには簡単な説明がありますので当方からの返信メールを必ず確認して下さい。

 

◇申込先eメールアドレス

  • 申込先eメールアドレス:zuiunji@mac.com

 
 

干支切り紙「瑞祥飾紙」を作るワークショップです。

干支切り絵「瑞祥飾紙」は古来より正月のしめ飾りのひとつとして用いられ、紀州高野山が発祥です。弘法大師空海が中国洛陽を訪れた際に「切り絵」を習得され、高野山を開かれた後、弟子たちちにその手法を伝授しました。高野山は稲作に適しておらず、ワラでしめ縄を作ることが出来なかったので代わりに、お供え物や縁起物、干支などの切り絵を飾るようになったのが始まりとされています。
玄関や床の間、仏間などに一年中お飾りするもので、古来より家運を隆昌させ、魔を除き福を招く〆飾りとして慶ばれています。
この干支切り紙「瑞祥飾紙」を作るワークショップを開催します。
材料、道具は用意してあります。
どなたでも制作することが出来ますので、気軽にご参加下さい。

■日時
2019年11月30日(土)14:00〜15:30

■場所
瑞雲寺
春日井市神領町1-11-4
駐車場あり

■参加費
1000円(開催日当日にお納めください)

■定員
8名(18歳以上)

■申込方法
参加申し込みはeメールの件名に「ワークショップ参加申し込み」と記入し本文に「お名前、郵便番号、住所、電話番号、参加人数」を必ず明記の上、開催日3日前までに下記のアドレスに申し込み下さい。
申込先、問い合わせ先アドレス:zuiunji@mac.com
担当者が不在の場合が多いので電話での問い合わせはご遠慮下さい。

※3日前であっても定員(8名)を超えた場合は受付を終了いたします。
当方で申し込みを確認しましたら、確認完了のメールを送信いたします。当日ご持参して頂く物は特にありません。

ご家族、お友達などお誘い合わせてご参加下さい。


 
 
 

今年の瑞雲寺薬師祭は僧侶であり落語家の桂米裕師匠をお招きし法話(仏様の教え)と落語のコラボレーション「落語法話会」を開催します。桂米裕師匠が仏様の御教えをオモシロ可笑しく説きます。どなたでも参加できます。ご家族、お友達などお誘い合わせてご参加ください。

 

    • ●日 時:令和元年12月15日(日)雨天決行 午後5時開会(午後4時半開場)
    • ●会 場:瑞雲寺・本堂 春日井市神領町1-11-4
    • ●会 費:無料です。
    • ●出 演:高野山本山布教師・桂米裕
    • ●事前の参加申込は必要ありません。どなたでも参加いただけます。
    • ●問合せ先/瑞雲寺落語法話会実行委員会係 電話0568-81-2310
    • *荒天などにより中止する場合はホームページ(www.zuiunji.com)または瑞雲寺フェイスブックにて、お知らせします。

 

桂米裕師匠プロフィール:昭和38年7月24日生まれ、大阪出身。昭和59年2月、桂米朝に入門。平成3年、ABCお笑い新人グランプリ最優秀賞受賞。平成4年、愛妻の実家を継ぐために高野山真言宗で出家。現在は岡山県矢掛町 圀勝寺の住職を勤めながら噺家と僧侶の二足のわらじを履く。落語説法、坊主漫談、講演会などで幅広く活動。簡単で親切な法話、落語を目指す。高野山真言宗本山布教師。